【赤紫蘇ジュースの作り方】紫蘇と酢の力で爽快フレッシュなひと時を・・・

赤紫蘇ジュースの作り方Herb
記事の内容

暑い夏にお勧めの赤紫蘇ジュースの作り方をご紹介します。

こんにちは。

皆さまは暑い夏をどう乗り切っていますか?私はハーブを生活に取り入れて、夏をenjoyしています♪

つい最近、親戚から家庭菜園で育てた赤紫蘇をもらったので「赤紫蘇ジュース」を作りました。とても美味しかったので、こちらでご紹介します♪ 爽やかな味で美味しいですよ♡

赤紫蘇ジュースの作り方

下準備

紫蘇の葉を摘み取り、水でよく洗いましょう。*茎の部分は使いません。
無農薬の紫蘇の葉は、虫や虫の卵が付いている事があります。気を付けて丁寧に洗いましょう (>_<)

赤紫蘇とバジル

赤紫蘇ジュースの材料

赤紫蘇ジュースの材料

赤紫蘇の葉 ・・・ 200g
薄力粉・・ 70g
水 ・・・ 1200cc
上白糖 ・・・ 500g
お酢 ・・・ 200cc

補足

・砂糖の種類はお好みのものでOKです。
・砂糖の増減はお好みで調整してもOKです。(例) 甘さ控えめにしたい場合は、砂糖の量は紫蘇の葉と同量にするなど。

*完成した赤紫蘇ジュースの保存に関しては、下記の「保存の際に注意すること」をお守りください。

手順

① 鍋に水1200㏄を入れて沸騰させ、その中に赤紫蘇の葉を入れて約20分中火で煮ます。

鍋で煮ている赤紫蘇

② 20分煮たら、ジュースとなる煮汁を漉します。漉す時は、深みのあるボウルなどの上にザルを置き、そのザルにペーパータオルを敷き、その上に煮汁をゆっくり注ぎます。煮汁を全部注いだら、赤紫蘇の葉の水分をしっかり絞りきりましょう。

ザルで絞った赤紫蘇

③ 漉した煮汁を鍋に戻し、上白糖とお酢を入れて再び約20分煮たら完成です。煮ている時に、灰汁がでたらすくい取りましょう。

鍋で煮込み中の赤紫蘇ジュース

④ 完成した鍋のジュースが冷めたら、清潔な瓶に入れて冷蔵庫で保管します。

煮詰め終わり感性した赤紫蘇ジュース

紫蘇を煮る時に注意すること

紫蘇を煮るのに使うお鍋は、ホーローかステンレス製の鍋をご利用ください。アルミ、鉄製の鍋は酢の酸で痛む恐れがあるので避けてください。

保存の際に注意すること

赤紫蘇ジュースのレシピは砂糖の量は好みで調整できますが、砂糖の量によって保存できる期間や保存方法が変わります。砂糖の量が多めのレシピの中には、常温保存可能なものもあります。ただし、砂糖の量を少なくした場合、保存できる期間が短くなりますし、必ず冷蔵庫で保存して早めにお召し上がりください。

こちらで紹介しているレシピは、冷蔵庫で保存し保存期間は1か月程度を目途にしてください。また、保存する容器も、アルコールで消毒するなどした清潔なものをご利用ください。

お召し上がり方

赤紫蘇ジュースは、好みの量の冷たいお水や炭酸水で割ってお召し上がりください。お砂糖控えめに作った赤紫蘇ジュースを、水で割らずにロックにして飲むのいいですね♡♡♡

赤紫蘇ジュース

赤紫蘇ジュースの効能

赤紫蘇について調べてみると色々な効能があるようですが、その一部は・・・

・皮膚や粘膜を健康に保つ
・アレルギー、花粉症対策
・エネルギーの代謝を促す
 などなど・・・

私は花粉症持ちなので、これらの効能に期待したいところですが、そもそも私が赤紫蘇ジュースを飲む理由は、効能を期待してではなく、単純に美味しくてリフレッシュ出来るからです(笑)

でも、好きなものを楽しんで、ついでに効能があるなんて嬉しいですね。ぜひ皆さまも、赤紫蘇ジュースの爽やかな美味しさを味わってみてください♪

 

お読み頂き、ありがとうございました。
では、次回記事にてお会いしましょう♪

お知らせ

*現在お知らせはありません。

材料調達するならこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました